セッションの流れ

キズナイトのセッションは、事前準備を行なう【プリプレイ】、物語を進めていく【メインプレイ】、セッションを締めくくる【アフタープレイ】の三段階に分かれています。
ここからは、各段階の流れについて詳しく説明していきます。

プリプレイ

プリプレイとは、セッションの事前準備からシナリオ開始直前までのことです。
プリプレイは、次の手順で行なっていきます。

①参加者の募集

キズナイトのセッションには、GMを含めて1〜3人の参加者が必要です。遊ぶシナリオによって幅がありますので、気をつけてください。参加の呼びかけを行なう人は、遊びたいシナリオの推奨人数を確認してください。
また、募集の際には日程やセッションの方法(オンラインかオフライン)のほかに、誰がGMを行なうのかも明記しましょう。

②シナリオ情報の開示

参加者とシナリオが決定したら、あらためてGMからPLに【シナリオ情報】を提示します。
【シナリオ情報】は必要目安時間、今回予告、ハンドアウト、NPC情報の4つで構成されています。
必要目安時間は、これから遊ぶシナリオがだいたいどれくらいの時間で終わるかを示したものです。
今回予告とは、シナリオの簡単なあらすじやテーマが文章の形で書かれているものです。
ハンドアウトとは、シナリオに参加するPCの立場や背景などが指定されているものです。ハンドアウトには、PCそれぞれでふたつ用意されている場合と、【双魂】がセットとなってひとつだけ用意されている場合があります。ハンドアウトがふたつある場合は、PL同士で相談して誰がどのハンドアウトを担当するか決めてください。
NPC情報は、そのシナリオに登場するNPCがどのような性格で、どのような外見なのかなど設定を記述したものです。シナリオによっては、設定されていない場合もあります。

③PCの準備

PLは自分のPCを準備します。新規に作成する場合は、キャラクターの作成方法のページを参照してください。また、GMが許可した場合、すでに作成済みの【双魂】を使用することもできます。

④自己紹介

GMとPLは自己紹介を行ないます。PLは自分自身とPCの紹介も行なってください。自己紹介の順番は任意で構いません。自己紹介では、主に次のようなことを伝えましょう。

GM、PLの自己紹介
・名前(ハンドルネーム)
・TRPG歴(主に遊んでいるシステムなど)
・その他伝えたいこと
※PL全員が既知の間柄である場合、PLの自己紹介は省略して構いません。

PCの自己紹介
・PC名
・年齢
・性別
・クラス
・外見
・性格
・双魂との関係性
・その他伝えたいこと

⑤魂点表の準備

GMは、セッション開始時に魂点表を用意し、【生者】のPCを表すコマを3のマスに、【死者】のPCを表すコマを11のマスに配置します。これをPCの初期配置と呼びます。
【魂点表】の詳しい解説については、こちらをご覧ください。
【魂点表】の準備が終わったら、プリプレイは終了です。メインプレイへと移ってください。

メインプレイ

メインプレイでは、参加者がキャラクターを通じてシナリオを遊んでいきます。このメインプレイは、複数のパートに分かれています。
メインプレイは、次の手順で行なっていきます。

①日常パート

日常パートでは、PCたちが普段どのように日常を過ごしているかを演出します。日常パートは、必ず【双魂】ふたりが登場する場面を描写してください。
場面の内容は、参加者全員で相談して決めてください。もし悩むようであれば、以下の【日常演出決定表】を参考にしてください。【日常演出決定表】は、好きな項目を選んで決めても構いませんし、ダイスを使ってランダムに決定しても構いません。

【日常演出決定表】
1.【生者】の趣味・好きな活動に【死者】が付き合っている
2.【死者】の趣味・好きな活動に【生者】が付き合っている
3.【生者】の行きたいところにふたりで出かけている
4.【死者】の行きたいところにふたりで出かけている
5.【生者】の仕事・学業に【死者】が付き合っている
6.【双魂】として【鎖使い】と戦っている。

②導入パート

導入パートでは、PCたちがどのようにして事件に関わることになるのか、またはその事件の発端を演出します。
導入パートの内容はシナリオによって異なり、 【双魂】で共にひとつの場面を演出する場合や、PCごとに個別の場面が用意されている場合があります。
GMはシナリオに書かれている描写や台詞を参考にして場面を演出してください。
すべての演出が終わったら、探査パートに移行します。

③探査パート

探査パートでは、導入パートで演出された事件や出来事に対して、PCたちが調査を行ないます。
探査パートを進めることで、隠されていた真実が明らかになったり、事件の黒幕が判明したりして、物語が大きく前進していくことになります。
探査パートの詳しい説明や進め方については、こちらを参照してください。

④戦闘パート

戦闘パートでは、【双魂】であるPCたちと【鎖使い】との戦いを演出していきます。
戦闘パートの詳しい説明や進め方については、こちらを参照してください。

⑤終幕パート

終幕パートでは、物語の結末や後日談を演出します。
終幕パートの内容はシナリオによって異なり、 【双魂】で共にひとつの場面を演出する場合や、PCごとに個別の場面が用意されている場合があります。
GMはシナリオに書かれている描写や台詞を参考にして場面を演出してください。
すべての演出が終わったら、終幕パートを終了し、アフタープレイへと移行してください。

アフタープレイ

アフタープレイでは、参加者全員でセッションを振り返り、終了するための処理を行ないます。
アフタープレイは、次の手順で行なっていきます。

①PCデータの成長

キズナイトでは、セッションの終了後、PCのデータを成長させることができます。シナリオの物語を通じて、PCたちがさらに強くなり、新たな【結糸術】が使えるようになるのです。
セッションに参加したPC全員は、それぞれ自分のクラスの取得可能な【結糸術】、または相方のクラスの取得可能な【結糸術】の中から、新たにひとつ好きな【結糸術】を取得してください。ただし、【共鳴結糸術】を増やすことはできません。

②セッションの振り返り

次に、GMが司会となって、遊んでセッションの内容を振り返り、楽しかった場面や面白かった出来事の振り返りを行なっていきます。このとき、振り返る内容については、「楽しかったこと」「良かったこと」「面白かったこと」など、プラスの印象のものだけにするようにしてください。
可能であれば、参加者ひとりひとりに対して、「ここが楽しかった!」「ここが熱い展開だった!」などといった感想を順番に聞いていくのもよいでしょう。もちろん、そのときはGMも楽しかった内容を語ってくださいね。

セッションの振り返りが終わったら、セッションは終了となります。
GMは、参加者に向けて「これで人霊共鳴RPGキズナイトのセッションを終了します。お疲れさまでした!」と宣言し、セッションを閉じてください。

もしお時間がありましたら、SNSで「#人霊共鳴RPGキズナイト」で呟いていただけると嬉しいです。